TACパソコンスクール

0120-000-876

TACパソコンスクール > CompTIA

CompTIA

CompTIA

「資格」にはそれぞれ目的と役割がある

世界には数多くのIT資格があり、それぞれ求めているゴールが違います。CompTIA認定資格は、特定の製品に肩入れせず、現在IT業務で求められているものを忠実に問う試験です。
ベンダー資格が「製品」から発想されている資格だとすれば、CompTIAは各IT「業務」から発想されるものであり、現在・将来必要とされている各IT業務の“実務基盤”を問うものです。

実務基盤なくしては、製品技術もありえない

IT業界へ転職する、また、各IT分野でキャリアを積んでいくためには、標準化された技術の修得と、それを実務で生かすためのセンス、行動力、問題解決能力といったITの実務基盤能力が前提となります。
CompTIA認定資格は目標ではなく、あくまで、IT実務で持つべき基準です。専門的な製品技術やトレーニング、ベンダー資格も、実務基盤能力なしでは意味を成さないのです。

CompTIA日本支局ホームページ

コース一覧

コース名 受講メディア
CompTIA A+ (220-901、220-902対応) 資料通信講座模擬試験
CompTIA Network+ (N10-006対応) Web通信講座資料通信講座模擬試験
CompTIA Server+ (SK0-004対応) 資料通信講座模擬試験
CompTIA Security+ (SY0-401対応) Web通信講座資料通信講座模擬試験
CompTIA Cloud+ (CV0-001対応) 資料通信講座模擬試験
CompTIA Mobility+ (MB0-001対応) 模擬試験
CompTIA Project+ (PK0-003対応) 資料通信講座模擬試験
CompTIA CDIA+ (CD0-001対応) 資料通信講座模擬試験
CompTIA IT Fundamentals (FC0-U51対応) 資料通信講座模擬試験
CompTIA Cloud Essentials (CLO-001対応) Web通信講座資料通信講座模擬試験

CompTIA 新着情報

  • A+(220-901/220-902)資料通信コース開講 (2017/4/1)
    A+ (試験番号:220-901/220-902) に対応した資料通信コースを4月1日に開講いたします。
    丁寧な解説のテキスト、テキストの学習を確認できる問題集、学習の進度を確認できるレベルチェックテスト、評判の良いWeb模擬試験をパッケージした通信コースです。
    こちらの資料通信コースで220-901と220-902の2科目の学習ができます。詳細はこちら
  • Server+資料通信コース開講 (2016/11/1)
    改訂版Server+ (試験番号:SK0-004) に対応した資料通信コースを11月7日に開講いたします。
    丁寧な解説のテキスト、テキストの学習を確認できる問題集、学習の進度を確認できるレベルチェックテスト、総合テスト、評判の良いWeb模擬試験をパッケージした通信コースです。
IT最新動向
事例で学ぶ情報セキュリティ
TAC IT講座News配信開始 CompTIAなどの最新情報を配信するメルマガです!

ページトップへ