金融人材・企業経営アドバイザー

金融人材・企業経営アドバイザー資格修了講習である、「対話力向上講習」札幌開催につきまして、北海道胆振東部地震の影響と、受講生の安全を考え、9/17の実施を延期させていただきます。
代替日は10月14日(日)とさせていただきます。既にお申込の方は,特に手続は不要です。

講座説明会

当セミナー&ガイダンスでは、検定試験制度と合格を勝ち取るためのTACの戦略的カリキュラムやフォロー制度について説明いたします。講座受講を迷われている方、企業経営や事業性評価に関心をお持ちの方、既に学習を開始されている方も奮ってご参加ください。予約の必要はありませんので、講座説明会の実施校舎に直接お越しください。

2018年12月目標 TAC八重洲校

2019年3月目標 TA新宿校

当日、校舎入口もしくは受付のある階に会場案内が掲示してあります。金融人材・企業経営アドバイザーってどんな資格?合格するためにはどのように学習していけばいいの? TACの教材やカリキュラムの特徴は?などなど様々な疑問も解決できます!

講座説明会セミナー&ガイダンス参加者限定!!

検定試験詳細

「金融人材・企業経営アドバイザー」検定試験とは?

企業経営に関する専門知識を問う「知識科目」と、事業性評価の知識を問う「実践科目」で構成され、本検定試験の合格者は、高度な金融や企業経営の実務知識や能力を備えた人材であることが証明されます。さらに、一般社団法人日本金融人材育成協会が認定している対話力向上講習を修了された方は「金融人材・企業経営アドバイザー」として認定され、その称号が与えられます。
中小企業の課題に真正面から取組み、地域の経営者に助言を行い経営支援に取組むことで地域の活性化や地方創生に資する人材として位置づけられるのが「金融人材・企業経営アドバイザー」です。

こんな方にオススメ

試験詳細

試験詳細

知識科目・実践科目
実施団体 一般社団法人日本金融人材育成協会
実施日 第3回試験:2018 年12 月2日(日)
第4回試験:2019 年 3月10日(日)
試験時間 知識科目:9:30 〜12:00(150 分)
実践科目:13:30 〜15:00(90 分)
実施会場 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
科目合格の有効期間 知識科目と実践科目のいずれかのみ合格
の場合、連続する2回の試験まで有効
合格水準 60点以上
申込期間 第3回試験:2018年10月1日(月)〜11月5日(月)
第4回試験:2019年1月7日(月)〜2月12日(火)
受験資格 特になし
合格発表 試験の1ヶ月後までに郵送でお知らせ
受験料 各4,800円(税込)
対話力向上講習
実施団体 TAC株式会社
実施日 9月中旬〜10月上旬及び、2019 年1月下旬〜2月下旬に開講予定。詳細はホームページを参照
申込期間 2018年8月20日(月)〜実施日1週間前
2018年12月25日(火)〜実施日1週間前
実施会場 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡

※試験のお申込み、詳細につきましてはこちらをご確認ください。

対話力向上講習

開講コース

カリキュラム

カリキュラム

お薦めコースの紹介

フルパック

初学者を前提に、教室のレギュラー講座、Webフォロー制度、オプションの総まとめ講義を全て含んだ、着実に合格を目指すコースです。

知識・実践パック
(Webフォロー有/無)

教室のレギュラー講座の知識科目と実践科目がパックとなったコースです。教室講座を欠席した際のWebフォロー制度(有料)が有るコースと無いコースがあります。

オプション講座

本試験で出題されそうな重要論点を中心に、短時間でまとめて講義するコースです。教室講座の受講生だけでなく、Web通信講座の方や過去の受験生も受講可能なコースです。知識・実践のまとめパックと科目ごとでも選べます。

12月試験目標

3月試験目標

知識・実践パック(Webフォロー有/無)12月試験目標

知識・実践パック(Webフォロー有/無)3月試験目標

オプション講座 12月試験目標

オプション講座 3月試験目標

使用教材

使用教材

知識科目

企業財務:基本テキスト1冊/添削問題1部
企業法務:基本テキスト1冊/添削問題1部
企業経営・企業支援:基本テキスト1冊/添削問題1部
生産管理:基本テキスト1冊/添削問題1部

実践科目

事業性評価:基本テキスト1冊/添削問題1部

学習メディア

効率的なカリキュラムで仕事と両立しやすい!

初学者でも安心して学習できるよう分かりやすさを徹底した教材とカリキュラムで試験合格まで導きます。
教室講座Web通信講座ともにTACのノウハウが活かされたオリジナルカリキュラムなので、効率的に学習ができ、ライフスタイルに合った学習メディアをお選びいただけます。

教室講座

日程表にしたがい、TACの教室で講義を受講する学習スタイルです。

教室講座

特徴

  • 合格まで高いモチベーションを維持!

    同じ目的をもった受講者と机を並べて学習するので、高いモチベーションを保って学習を進められます。

  • 講師の熱意を直接体感!

    受験指導のプロである講師から、情熱あふれる講義が受けられます。

  • 疑問点も即解決!

    疑問が生じた場合も、その場で講師に直接質問できるのが大きなメリットです。

Web通信講座

インターネットでいつでもどこでも視聴可能!収録した講義映像をそのままストリーミング配信!いつでもどこでも臨場感あふれる講義を受けられます。

※動作環境につきましては、こちらよりご確認ください。

Web通信講座

特徴

  • いつでも何度でも視聴可能

    ご自身のスケジュールに合わせていつでも好きな時間に何度でも繰り返し受講できます。

  • 板書もPDFでダウンロード可能

    講義録(板書)をダウンロードできるので、ノートに写す手間が省けます。

  • スキマ時間も有効活用

    パソコンだけではなく、スマートフォンで外出先でも受講できます。

  • 復習や欠席フォロー活用

    「講義内容をもう1度確認したい」「講義を欠席してしまった」そんな時にWebでフォローできます。

随時入学OK! Web通信講座は、随時受講が可能です。お申込み時点でまとめて教材を発送します。

※Web通信講座の視聴期間は、TACの配信開始日から本試験の筆記試験が実施される月の末日までとなります。
※Web通信講座のお申し込みの方には、約1週間ほどで教材を発送いたします。

受講料

学習内容

知識科目

企業財務

企業の経営分析に必須の知識を学習

● 講義回数

企業財務

知識科目

企業法務

ビジネス関連の法律知識を学習

● 講義回数

企業法務

知識科目

企業経営・ 企業支援

企業経営・中小企業支援施策の基礎を学習

● 講義回数

企業法務

知識科目

生産管理

製造業の現場に即した
診断・助言に必須の知識を学習

● 講義回数

生産管理

実践科目

事業性評価

企業の強み・将来性の評価ポイントを学習

● 講義回数

生産管理

TACの強み

教材の特徴

プロフェッショナル講師陣により内容の検討を十分に重ね、作成された教材です。設例、章末問題、巻末問題、添削問題でアウトプット力を身につけます。

教材の特徴

プロフェッショナルな講師陣

プロフェッショナル講師陣が、重要なポイントを絞り込んだ分かりやすい講義を行います。

千田 貴幸

多種多様な企業が存在していますが、企業活動を継続していくには利益獲得が必須であることは共通しています。利益構造の分析やシミュレーションなどを通して、数字で企業活動を考えることができれば、一連の企業活動の関連性が把握しやすくなります。視野の拡大に本講座を役立ててください。

伊藤 浩司

事業性評価に基づく融資やコンサルティング機能を発揮するためには、企業について様々な側面から法律の知識が必要とされます。本講座を受講することで、これらに必要な知識を得ることができます。普段の業務に不可欠な知識を手に入れてみませんか。

七田 亘

中小企業の戦略実行をアシストするのが「中小企業支援施策」です。中小企業が不足しがちな資金や知識・ノウハウなどを、国等が行う施策を通じてどのように補って戦略を実現するかが学べます。この分野をしっかりと学び、中小企業の支援を確実なものにしていきましょう。

三枝 元

経営トップに助言するには、当然ですが経営トップの関心事項を網羅的に把握しておく必要があります。企業経営では経営戦略・組織・人事・マーケティングについて学習します。また、生産管理では生産現場について学び、製造業に対する提案能力を高めます。一緒に経営を見る目を養っていきましょう。

栗原 與宏

この科目では、知識科目で身につけた学習内容を適切に使えるようにすることが目標となります。
この科目単独での受講も可能ですが、知識をより幅広いものにするため知識科目の学習を終了された方、あるいは知識科目の学習内容を理解している方の受講をお薦めします。

合格者の声

A・N さん  20 代男性 金融機関勤務

A・Nさん 20 代男性 金融機関勤務

2017 年知識科目・実践科目合格

優れたカリキュラムで 2 科目同時合格!

私は、あまり集中力を保てる性格ではないのですが、TACのWeb通信講義は1 回20分でどの分野からでも学習を始められるため、集中力を欠くことなく視聴できました。平日1 テーマ以上、できれば2 テーマ視聴し、土日もできる限り視聴するというペースで無理なく学習できました。また、金融機関に勤めていても、これまで経験した業務内容と違うこともあり、改めて勉強する分野も多かったのですが、TAC の優れたカリキュラムのお陰でテキストとWeb通信講義だけで二科目同時合格することができました。

Y・K さん  20 代男性 金融機関勤務

Y・K さん 20 代男性 金融機関勤務

2017 年実践科目合格

オリジナル教材で学習成果の手応えがあった!

私は、税理士試験にも挑戦している関係で、学習期間が3 ヶ月程度しか取れなかったのですが、学習の大半はテキストを読み込むことに集中しました。「企業財務」、「企業経営」、「生産管理」は、かつての業務内容と重なる分野が多かったことと、要点がコンパクトにまとめられたテキストのお陰で慌しい中でも重要ポイントを取りこぼすことなく学習することができました。一方、「企業法務」、特に会社法に関しては、学生時代に全く学習してこなかった分野でしたが、図表が多用されたテキストのお陰で、全くの初心者でも必要な知識を効率よく着実に習得することができました。

K・K さん  コンサルティング会社経営

K・K さん コンサルティング会社経営

2017 年知識科目・実践科目合格

分かりやすい講義で無駄なく学習できました。

私は、会社を経営しており専らそちらに時間を割く必要があるため、学習時間の捻出が必須でした。TAC のWeb通信講義は2 倍速で視聴でき、その上、2倍速で視聴しても講師の説明が理路整然としていてとても分かりやすかったです。また、時に講義の延長で実務的な話しもしてくれ、仕事上で必要なことも教えていただきました。

無料体験入学の案内

講義の進め方、分かりやすさを体感!

各分野の初回開講日は、お申込み前でも無料で講義を体験できます。講義の分かりやすさ、教材の使いやすさだけでなく、講師の熱意や校舎の雰囲気をぜひ体感してください。参加無料、予約不要ですので、お気軽にご参加ください。

参加方法

講義日程表に記載している開講日(各分野のレギュラー講義第1回目)を確認。

予約は不要!
開講日に直接校舎の受付窓口へお越しください。
サンプル教材は教室でお渡しします。
講義開始の15〜20 分前を目安にご来校ください。

TAC八重洲校 TA新宿校

対話力向上講習

経営者との対話力・質問力を向上させる

「金融人材・企業経営アドバイザー」として認定を受けるためには、筆記試験の「知識科目」と「実践科目」の2科目に合格することと、実技講習の「対話力向上講習」を修了することが必要です。
数字からでは見抜けない経営者の本音を聞き取り、課題解決力を身につけましょう。

金融人材・企業経営アドバイザー資格修了講習である、「対話力向上講習」札幌開催につきまして、北海道胆振東部地震の影響と、受講生の安全を考え、9/17の実施を延期させていただきます。
代替日は10月14日(日)とさせていただきます。既にお申込の方は,特に手続は不要です。

受講概要

  • 時間

    約6時間/1日

  • 受講料

    20,000 円(消費税・教材費込み)

  • 参加可能人数

    1クラス 20人程度まで

  • 配付教材

    レジュメ

対話力向上講習について

教室講座・Web通信講座のカリキュラムには、「対話力向上講習」は含まれておりませんので、「金融人材・企業経営アドバイザー」として認定を希望される方は、別途、「対話力向上講習」をお申込みください。

受講内容

受講内容

修了者インタビュー

H・K さん

コンサルティング会社経営
2017年対話力向上講習 修了

受講されたきっかけはなんですか?

長年コンサルタント業界にいて、クライアントのインサイトをきちんとした理論に基づいて引き出すためには、相手に対してどのような聞き出し方や質問の仕方があるのか常に自身の課題でした。それを解決し、また、クライアントとの共働、共創、共栄の精神で自身のキャリアアップも図りたいという思いから受講しました。

実際に対話力向上講習を受講(修了)したご感想は?

まず、対話力向上講習を修了したということでお客様に対して一つの信頼感を提供できていると実感しています。私の仕事は、財務の数字や経営の分析ができることはもちろん大切ですが、その前にきちんとお客様の悩み事を最大限に引き出すことからスタートさせる必要があります。「経営者との対話力・質問力を向上させる」それが実現できた今は、仕事の結果はあとから必然的についてくるものだと実感しました。

これから受講を検討されている方へメッセージをお願いします。

私はこれまで、お客様目線で仕事をすることが大切でありながら、往々にして自分目線になってしまうことがありました。そうした状況の中で、対話力向上講習でお客様目線の重要性を学べたことは非常に意義がありました。例えば、企業経営者とお話しする際、まず相手の立場を理解することや、会社を興した経緯といったことまで理解することで、その経営者の問題解決に繋がったりすることがあります。そのためには、聞き出し方が分かっていて、聞き上手になっていなければなりません。そのような能力を身につける講座は、実は他にあまり類を見ないのではないでしょうか。経営者との対話力・質問力を向上させたい方、受講を迷われている方に自信をもってお勧めします。

よくある皆さんの疑問・質問にお答えします!

学習時間について

  • 初学者が合格するまでの学習期間はどのくらいでしょうか?

    Web通信講座の場合、約5ヵ月が標準学習期間となります。教室講座の場合、約2ヵ月半から3ヵ月が標準学習期間となります。

  • 仕事が忙しく学習を継続できるか心配なのですか、大丈夫でしょうか?

    Web通信講座であれば1 テーマ約20分と短い講義ですので、継続して学習しやすくなっています。仕事がお忙しい方でも、スマートフォンやタブレット、パソコンを使えば、通勤時間や休憩時間などの隙間時間を利用して、効率良く学習が進められます。1 日に1 テーマ学習すれば、標準学習期間で学習が終えられます。

申込みについて

  • 申込みはいつまでにすればよいですか?

    Web通信講座であれば年間を通じて開講していますので、勉強を始めようと思ったタイミングで申込みが可能です。ただし、講義動画の視聴期間は目標の検定試験実施月の末日までとなりますので、受験合格目標の時期に注意してお申込みください。また、教室講座は日程が決まっていますので、原則各学習分野の第2回目当日まで申込みが可能です。

  • 申込前に講義を体験することはできますか?

    教室講座については、申込前に実際の講義を無料で体験受講が可能です。教室ならではの迫力ある講義や分かりやすい教材を、是非体験してください。
    無料体験入学の日程はホームページ(https://www.tacschool.co.jp/guidance.html#)でご確認ください。

学習内容について

  • 金融については初学者なのですが、問題なく学習についていけますか?

    講義は初学者を前提に進めていきますので、安心して学習して下さい。初めて学習する方も多く受講されています。

  • 中小企業診断士の学習経験があるのですが、活かせますか?

    知識科目は中小企業診断士の出題分野と重なる部分がありますので学習しやすいと思います。一方、実践科目は事業性評価の内容となり、中小企業診断士試験では、問われていない分野ですが、当講座で学習できます。学習経験を活かして、是非チャレンジしてください。

受講開始後のこと

  • わからないことがあった場合、質問はできますか?

    教室講座であれば、講義終了後、講師にその場で質問ができます。Web通信講座の場合は、専用フォームから質問が可能です。どちらの講座でも安心して学習を進めることができます。

  • 教室講座を欠席した場合のフォロー制度には、どのようなものがありますか?

    欠席した授業については、Webフォロー(有料)を付けることにより、Web通信講座で配信している講義をパソコンやスマートフォンなどで視聴できます。教室講座とWeb通信講座の学習進度の対応については、パンフレット等でご確認ください。

  • 教室講座でテキストを忘れてしまったのですが、何か方法はありますか?

    会員証をお持ちの上、実施校舎の受付までお越しください。貸出用のテキストをお貸しいたします。

  • 後からWebフォロー制度を追加することはできますか?

    Webフォロー制度の後からの追加申込みはできません。予めフォロー制度有りのコースのお申込みください。